【日本一という称号】HIKO銀座が目指すべきもの

 

 

「商品をお貸し頂けませんか」

 

そんなお電話があったのは、
先々月の事でした。

 

「6月発売の、Men’s Precious
夏号にてバッグ特集を行います」

 

というお話でした。

 

 

その中で、わたくしどもが取り扱って
いる、アルフレッドベレッタ
クロコのブリーフケースをご紹介
下さるという有難いオファー。

 

「喜んで!」とお返事し、発刊を
心待ちにしておりました。

 

そして先日、こちらの掲載誌が
届きました。

 

 

モデルさんがあえて顔を隠した
表紙、とても新鮮です。

 

メインテーマは

 

「白シャツとは、
男の貌(かお)である。」

 

 

そして、表紙には

 

「世界最高峰の名品バッグ」

 

の文字も。

 

ワクワクしながらページをめくり…

 

 

 

ありました!

 

美しいブルーのクロコダイルの
風合いが、より一層際立つ
存在感溢れるお写真。

 

思わず「おお」と声が出ました。

 

そして本文。

 

書き出しは、こうです。

 

 

「日本でいちばん
ラグジュアリーな
セレクトショップは、
銀座と熊本にある。」

 

 

思わず、読んだ瞬間背筋が伸びました。

 

実は、「日本で一番」という評価を
メディアの方々に頂いたのはこれが
二度目です。

 

最初にそう仰って下さったのは、
THE RAKE JAPAN EDITION
編集長であり、富裕層向けメディア
EnRich(エンリッチ)でファッション
ページを持っておられる、松尾様でした。

「日本一高級な店」として、コラムにて
ご紹介頂きました。

 

 

こうしてこのたび、また異なるメディア
の方々から「日本でいちばん」という
評価を頂き、本当に有難く感じております。

 

今この文章を綴っておりますわたくし
中村は、日子の二代目でございます。

かねてより、初代の中村哲彦(父)から

 

「日子は(高級品ばかり揃えて)凄いと、
お客様に仰って頂くことが多いが、
我々は決して勘違いしてはいけない。

 

凄いのは、そんな商品を生み出す
作り手たちであり、そんな品々を
御求め下さるお客様なのだ。

 

日子は、作り手から預かった名品を
お客様にお渡しするだけ。

 

我々は何も凄くないのだという事、
決して忘れるな」

 

 

と教わってまいりました。

 

そして、「他では見つけることが
出来なかった!」とお客様に
喜んでいただける品を、自分たちの
目を、足を、頭を動かして、常に
探し続けなくてはならない、と。

 

 

 

「こんな柔らかいレザーは初めて!」

 

「軽すぎて驚いた!まるで
着ていないみたいだね」

 

「誰に会っても褒めてもらえるんだ。
良い品を勧めてくれてありがとう」

 

「このバッグをきっかけに、話が
弾んだんだよ!」

 

 

お客様にそんなお言葉を、
笑顔を頂くたびに、

 

「もっともっと、たくさんの方に
装いを通した素晴らしい時間と
体験と喜びを感じて頂きたい」

 

と思うのです。

 

 

日本で一番
ラグジュアリーな店。

 

日本で一番高級な店。

 

 

そんなご評価を有難く感じると共に、
目指すべきは、

 

「お客様と作り手の方の
笑顔に、日本で一番多く
出会えるHIKOであること」

 

だと再確認いたしました。

 

もうすぐ、定例のヨーロッパ出張の
時期がやってまいります。

 

次はどんな名品と出会えるのか…

 

 

今からとても楽しみです。

 

 

これからも沢山の方に笑顔になって
頂ける店を目指して、精進致します。

 

 

ちなみに、今回ご紹介頂きました
クロコのブリーフケースは、
Men’s Precious 発売前に完売
いたしました。
オーダーも承りますので、ご興味を
持って頂けましたらお気軽に
お声をおかけくださいませ。

 

 

 

 

実店舗 案内

HIKO銀座

東京都中央区銀座2-8-17-2F
Tel 03 6264 4450

日子 熊本店

熊本市中央区新屋敷1-14-40-1F
TEL 096-335-8121

****************

富裕層向けメディア 【EnRichエンリッチ】の
【The Style Concierge】にて、

HIKO(ひこ)
熊本からやってきた、
日本一高級な店!」

というタイトルでご紹介頂きました。
詳しくは上記バナーをクリック
くださいませ。

「世界一ハイクオリティなメンズ誌」
【THE RAKE Japan Edition】のブログ
でも、弊社オーナーをご紹介頂いて
おります。↓

ベストドレッサーたちの肖像「中村哲彦さん」

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中