「天に問う」酒。超プレミアム日本酒に酔う夜

 

 

日本酒はお好きですか?

 

わたくしは仕事柄時折ヨーロッパへ
参りますが、イタリア・フランスに
出かけると最近
特に「日本酒」への
関心が高まっていると

感じます。

 

ちょっとしたスーパーにも日本の
ビールと
ともに日本酒が並んでいる
光景も
見かけますし、現地で出会う
人からも
「お土産は日本酒が良い」と
リクエストを
貰う機会が増えました。
(ZILLIの社長にも渡欧時は
毎回日本酒を
渡しています)

 

私自身は、日頃はワインやシャンパンを
飲む機会が多いのですが、元旦早々
日本酒をあれこれ飲んだり、我が家では
父が晩酌で嗜んでいたりと、割合身近な
お酒の一つでもあります。

 

たまにお酒屋さんでこれは
美味しそう、という一本を
買って帰ったりするのですが…

 

日本酒とワイン、
かなりお値段が違いますね。

 

ワインは一本1万円を超えるものが
普通の酒屋さんでも並んでいますし、
ワインショップやデパ地下に行けば
5万、10万を超すものも揃っています。
また、市場には100万円を超えるものも
珍しくなく。

 

かたや日本酒はかなりお値段抑え目。

 

 

しかし私自身は
「そういうものなのだろう」
くらいの感覚で深く何かを思った事は
ありませんでした。

 

昨年竹久健さんという方と
出会うまでは。

 

 

竹久さんは、酒蔵で生まれ育った…
わけでもなく、利き酒師でも
ありません。

 

しかし、「日本酒の地位、作り手の地位を
もっと向上させたい。美味しい物、手間暇
かけたものには、それに伴う適正な価格が
付いて然るべきだ」という確固たる信念を
お持ちです。

 

そしてその信念を形にしたのがこちら。

 

 

四合瓶で35000円越えの超プレミアム
日本酒『問天』です。

 

昨晩、この問天を楽しむ宴に
お招きいただきました。

 

初めて頂く問天のお味…

 

「え、これが日本酒なの?」

 

という驚きに溢れていました。

 

私は素人ですので、聞きかじりの言葉を
ここに並べるわけにはまいりません。

 

まずは是非こちらをご一読下さい。

日本酒の超プレミアムブランド【問天】プロデューサー竹久健氏が語る「私が天に問うもの」

 

特別な場所の、特別な水と、
特別な
米を使って、特別な
製法で作る。

 

米を葡萄に置き換えると、ワインと
同じです。米の品種だけが大切なのでは
なく、それがどのような気候のどのような
土地のどのような田んぼのどのような水で
できたものなのか。

 

テロワール、という言葉がワインの
世界に
ありますが、まさにその
テロワールを
追求したもの、
それが問天なのだとか。

 

竹久さんの取り組みがとてもユニーク
だなと思うのが、日本で評価が広まり
メジャーになるよりも先に、
「テロワールという概念が古くから
根付いているフランスに問天をPR
しに行こう!」と考えてそれを本当に
実行された点です。

 

驚異的な実行力を駆使した結果、
現在はパリの老舗ホテル
「オテルドゥクリヨン」のレストラン
でも、お料理と合わせるお酒として
採用されています。

 

これまでの常識で考えれば、
日本酒四合瓶が35,000円という
価格は前例がありません。

 

実際、「クレイジーだ」という
声をもらったこともあるのだとか。

 

 

わたくしどもHIKOも、かなりの高額の
品を委託ではなくきちんと仕入れて
揃えているため、よく同業の方々からは
「クレイジーだ」と言われておりますが、

それでもそれを手にした方々が、

 

「こんな品を探していたんだ!」

「なんて素晴らしい品だろう!」

 

と喜んで頂けたら、こんなに嬉しい
ことは
ありません。
また、作り手の方々の信念や
技、
そしてそこから生まれる名品を
世に
送り出すのも我々の使命だと考えて

おります。

 

竹久さんもわたしどもも、
扱う品は違えど
想いは同じ。

 

 

この想いが天に届き、
世に通じるのか。

 

 

まさに、「問い」の日々を
重ねてまいります。

 

 

 

 

ちなみにこちらは『問天』のセカンド
ブランドの『問世』。四合瓶3000円から
の取り揃えだそうです。

 

公式サイトはこちら。

http://monten.co.jp/wp/

 

 

 

 

 

 

東京マラソン2019

 

小雨が降る銀座を、たくさんの
ランナーが駆け抜けていきました。

 

初めて熊本マラソンが開催された当時、
わたくしどもHIKOの熊本の店舗は
「電車通り」と呼ばれる大通りに
面した場所にありました。

ちょうどスタート地点から間もない
位置だったので、わたくしどもの
店の前を、電車通りを埋め尽くす
勢いで大勢のランナーが走って行った
のを昨日の事のように思い出します。

 

今日はあいにくのお天気ですが、
皆さんがベストの走りを出来るよう
お祈りしております。

 

お風邪を召されませぬように。

 

 

 

イタリア御洒落男児に学ぶコーディネート術(1) 白パンツ

 

3月に入り、小雨交じりのお天気が
増えました。まさに「一雨ごと」に
春が近づいていますね。

 

明日は東京マラソン。
わたくしども銀座HIKOから徒歩
30秒の場所にある銀座中央通りも
コースになっています。
もともと日曜日は歩行者天国と
なっていますが、たくさんの
ランナーが駆け抜けるマラソンは
また圧巻の光景です。

お天気がもってくれると良いなと
思います。

 

 

さて、季節も変わり始めたこの時期。
新しい環境になる方、
新しい生活が始まる方も多いのでは
ないでしょうか。この機会に、
新しい装いに挑戦してみたいけれど
どんなコーディネートが良いのか
自信が無い、という方も。

 

 

本日のブログでは、そんな方に
イタリアで見かけたお洒落な男性の
装いをご紹介しつつ、彼らの
コーディネートのポイントを簡単に
ご紹介いたします。

 

 

白パンツを履こう

 

 

年に二回フィレンツェで開催される
世界最大規模の紳士服見本市PITTI
(通称ピッティ)には、期間中に
2万人以上のファッション関係者が
集まります。会場の中にはアパレル
関係の人しか入れないため、門を
くぐればそこはショーのランウェイ
の如く、御洒落が好きな男性たちが
闊歩しています。

 

そんな中、一際目にとまるのが
白いパンツです。

 

鮮やかなブルーのジャケットに
白パンを合わせた男性。
ブルーと白で統一したスタイルは
涼しげで夏らしいイメージです。
大きく開いたシャツの胸元は
「いかにも」イタリア人といった
ところ。短めのパンツ丈も程よい
リラックス感が出ていますね。

 

 

コーヒーに少しだけラテを足した
ような上品なモカブラウンの
ジャケットに白パンツを合わせた
こちらの男性は、スニーカーも白。
ボトムと靴の色を同じにすることで
足長に見える効果もあります。
もちろん、清潔感のある汚れの無い
白であることがキーポイントです。

 

 

チャコールグレーのジャケットに
ダークネイビーのインナー。
こちらの男性は上と下のメリハリが
利いたコーディネートになっています。
バッグと靴はダークブラウンの
レザーで統一。
これでパンツが暗い色だと、重たい
イメージになってしまいますが
白の明るさがうまくそれを中和
させています。

 

 

パンツは体全体のほぼ半分を占める
パーツとなります。その色を
思い切って明るくすることでぐっと
洗練されたコーディネートに
なります。

 

 

ただし、白は膨張色ですので、
少し細身の
シルエットを選ぶのが
ポイント
です。

 

今回ご紹介したお写真のように、
ネイビーやブラウン、グレーの
ジャケットと合わせるだけで
こなれた着こなしになりますので
是非お試しください。

 

 

HIKOお勧めの逸品

 

 

 

イタリアのパンツ専門ブランド
ROTA(ロータ)の白パンツは、
細番手の糸で織られた生地が
すべすべの肌触り。
ストレッチも利いていますので
足の曲げ伸ばしも快適です。
詳しくはこちらをご覧ください。

HIKO オンラインストアROTAパンツ

 

Rotaの白パンツを、

今すぐ5%オフで

お買い物頂けます。

 

 

HIKOオンラインストア会員登録

↑ こちらのページにて会員登録を
完了されますと、今回ご紹介した品を
含め、世界の逸品たちを5%オフにて
御求めいただけます。

 

 

実店舗での販売

銀座HIKOはブルガリやシャネルが
ございます中央通りの銀座2丁目
信号から徒歩一分の場所に
ございます。アクセスはこちらの
ページを御覧下さい。

銀座HIKOへのアクセス方法

 

実店舗 案内

銀座HIKO

東京都中央区銀座2-8-17-2F
Tel 03 6264 4450

 

****************

富裕層向けメディア 【EnRichエンリッチ】の
【The Style Concierge】にて、

HIKO(ひこ)
熊本からやってきた、
日本一高級な店!」

というタイトルでご紹介頂きました。
詳しくは上記バナーをクリック
くださいませ。

「世界一ハイクオリティなメンズ誌」
【THE RAKE Japan Edition】のブログ
でも、弊社オーナーをご紹介頂いて
おります。↓

ベストドレッサーたちの肖像「中村哲彦さん」

 

 

TAX-FREE

Our real store in Ginza, Tokyo is
a tax – free shop.

The following brand certifies HIKO
as a regular boutique.

ZILLI, FEDELI, Tecknomonster,
Seraphin, AlfredoBeretta,
BARRETT, Rota, Malo, AlanPaine,
Hettabretz, FrancoFerrari,
JanLeslie, and so on.

 

 

 

在东京HIKO银座商店是一家免税店。
HIKO是以下品牌的授权商店。

ZILLI, FEDELI, Tecknomonster,
Seraphin, AlfredoBeretta,
BARRETT, Rota, Malo, AlanPaine,
Hettabretz, FrancoFerrari,
JanLeslie, 等等.

我们销售的所有产品都是正品。

 

 

在東京HIKO銀座商店是一家免稅店。
HIKO是以下品牌的授權商店。

ZILLI, FEDELI, Tecknomonster,
Seraphin, AlfredoBeretta,
BARRETT, Rota, Malo, AlanPaine,
Hettabretz, FrancoFerrari,
JanLeslie, 等等.

我們銷售的所有產品都是正品。