2017-18 秋冬最新 アズーロ エ マローネ コーディネート

 

今年もお洒落が楽しい季節になって
まいりました。

 

 

本日は、今年の1月に開催された
紳士服見本市ピッティ イマジネ
ウォモ(通称ピッティ)のスナップを
織り交ぜつつ、旬のスタイルを
取り入れたアズーロ エ マローネ
コーディネートをご紹介いたします。

 

 

アズーロ エ マローネとは

 

 

イタリアの伊達男たちが好む、
青(アズーロ)と茶(マローネ)の
色合わせを指します。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

アズーロ エ マローネの着こなし術

 

 

 

こちらの男性は鮮やかな青のスーツに
茶のジレとシューズ。サングラスの
レンズもブラウンで纏めています。

髭の色まで調和させた、統一感の
あるスタイルでした。

 

 

 

 

こちらの男性はネイビー率が高め。
サングラスとマフラー、手袋といった
小物に茶をチョイスしていました。

 

 

 

 

 

この男性は逆にブラウンの比率が高め。
キャメルカラーのコートに、ネイビー
のニットやデニム。ちらりとしか
写っていませんが、ジャケットは
アイボリーカラーで、清潔感のある
装いに。

 

 

 

 

ブラウンのツイードコートから覗く
ブルーのチーフやマフラー。そして
ハットのリボンのネイビーが
全体のコーディネートをぐっと
引き締めています。

 

 

御覧のように、イタリアの伊達男たちは
アズーロ エ マローネ の組合せを
絶妙に取り入れています。

 

 

その色合わせにはコツがいくつか
ありますが、それについては
上にあげたこちらのブログにて
綴っておりますのでご閲覧ください。

アズーロ エ マローネの着こなし術

 

 

 

さて、ここからはHIKO銀座に
ございますアイテムたちを使った
アズーロ エ マローネ
コーディネートをご紹介いたします。

 

 

 

 

こちらのコーディネートは、上品な
アイスグレーのカシミヤブルゾンを
中心に、優しい色合いのブルーや
ブラウンで纏めてみました。

 

色の強さ(濃さ)を意識して、似た
風合いのものを合わせると
バランスの良いアズーロ エ マローネ
になります。

 

カシミヤニットブルゾン/FEDELI

カシミヤセーター/FEDELI

ウールカシミヤリブパンツ/ZILLI

ヌバッククロコシューズ/HIKO ORIGINAL

 

 

 

 

 

 

ネイビーのカシミヤアウターに
チョコブラウンのシューズ。
インナーにモカブラウンのニットを
合わせて纏めたコーディネートです。
良く見るとパンツのチェック模様も
ブラウンが。

 

 

カシミヤジャケット/SCHNEIDERS

ウールセーター/FEDELI

チェックパンツ/Rota

ストール/FrancoFerrari

シューズ/Barrett

 

 

 

 

 

 

ロロ・ピアーナのストームシステム
生地を使ったダークネイビーの
コート。内側にはブラウンのファーが
使われており、単体でも既に
アズーロ エ マローネに。

ツヤ感がある素材の風合いと合わせる
ために、光沢が美しいコーデュロイの
パンツを合わせてみました。

 

 

コート/SCHNIEDERS

カシミヤセーター/FEDELI

コーデュロイパンツ/Rota

ストール/FrancoFerrari

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後のコーディネートは全てZILLIの
アイテムを使いました。
ダークブラウンのカンガルーの毛皮が
アクセントになったカシミヤブルゾン
に、上品なアイボリーのカシミヤ
セーター。ストレッチの利いたデニムで
青を添えて、スエードのスニーカーで
もう一度ブラウンを。

なんともラグジュアリーなスタイルです。

 

カシミヤブルゾン/ZILLI

カシミヤセーター/ZILLI

ジーンズ/ZILLI

ミニクラッチバッグ/ZILLI

レザースニーカー/ZILLI

 

 

 

 

 

 

2017年版
アズーロ エ マローネ
アイテム

 

 

① 明るめブラウン

 

レザーコート/PRANDI

 

 

 

レザーブルゾン/Seraphin

 

 

 

 

 

ハイゲージウールセーター/TRICASE

 

 

 

 

 

② 明るめブルー

 

 

カシミヤケーブルセーター/ALAN PAINE

 

 

 

 

 

カシミヤセーター/FEDELI

 

 

 

 

 

 

カシミヤマフラー/FEDELI

 

 

 

 

 

 

 

③ 濃いめブルー

 

 

カシミヤシルクジャケット/HotPlum

 

 

 

 

 

鹿革バッグ/TecknoMonster

 

 

 

 

 

ネクタイ/ZILLI

 

 

 

 

 

④ 濃いめブラウン

 

 

 

アウター/GIMO’S

 

 

 

 

 

 

鹿革バッグ/Tecknomonster

 

 

 

 

 

HIKO的アズーロ エ マローネ
スタイル、いかがでしたでしょうか。

ご興味を持っていただけるお品が
ございましたら、どうぞお気軽に
スタッフまでお声をおかけください。

TEL 03-6264-4450

 

 

HIKOオンラインストア会員登録

↑ こちらのページにて会員登録を
完了されますと、ZIILI、FEDELI他
世界の逸品たちを5%オフにて
御求めいただけます。

 

ご興味を持っていただきましたら
是非一度、わたくしどものショップへ
足をお運びくださいませ。

オンラインストアでもコレクションを
御覧頂けます。

HIKOオンラインストア 

 

 

実店舗での販売

HIKO銀座は、ブルガリやシャネルが
ございます中央通りの銀座2丁目
信号から徒歩一分の場所に
ございます。

 

 

実店舗 案内

HIKO銀座

東京都中央区銀座2-8-17-2F
Tel 03 6264 4450

 

****************

富裕層向けメディア 【EnRichエンリッチ】の
【The Style Concierge】にて、

HIKO(ひこ)
熊本からやってきた、
日本一高級な店!」

というタイトルでご紹介頂きました。
詳しくは上記バナーをクリック
くださいませ。

「世界一ハイクオリティなメンズ誌」
【THE RAKE Japan Edition】のブログ
でも、弊社オーナーをご紹介頂いて
おります。↓

ベストドレッサーたちの肖像「中村哲彦さん」

 

Men’s Precious メンズプレシャス
2017年夏号(6月発売)にて、
「日本一ラグジュアリーなセレクトショップ」
としてご紹介頂きました。

 

 

 

 

広告

FEDELI フェデーリ 2017-18秋冬コーディネート

昨日はZILLI ジリーの新作について
ご紹介いたしました。

 

 

本日はFEDELI フェデーリ(フェデッリ)
の新作をコーディネート写真を
交えつつピックアップいたします。

 

 

FEDELI フェデーリ(フェデッリ)は
イタリアのニット専門ブランドです。
上質なカシミヤなどを使った
ラグジュアリーなセーターなどを
中心に、近年はジャケットやパンツ
などトータルコレクションとして
展開。

 

日本で販売されているFEDELIの
多くはニット系アイテムですが
HIKO銀座では長らくFEDELIとの
直接取引を重ね、コートやパンツ、
ジャケットなども取り扱っています。

今秋冬も、FEDELIフェデーリらしい
上品な色合いの品々が届きました。

 

 

例えばこちらのセーター。
カシミヤ100%のざっくり編みの
お品です。一見するとシンプルです
が、良く見ると手間をかけて編み方を
場所によって変えています。

 

 

こちらのコートも一見すると
オーソドックスなデザインのコートです
が、実はこちらのお品はジャージ素材。

ぐいぐいと気持ちよく伸縮し、
コートにありがちな動き難さや重さを
全く感じさせません。

 

 

そんな2点のアイテムを使ってまとめた
コーディネートがこちらです。

 

パンツ、マフラーともにFEDELIの
お品です。パンツはコットンにカシミヤと
ストレッチ素材を混ぜた、いわゆる
「カシュコ」と呼ばれる布地で
作られています。

 

詳しくはこちらをご覧くださいませ。
FEDELI カシュコパンツ

 

 

 

 

 

こちらのジャケットは、カシミヤの
ジャージ素材で作られた贅沢な逸品。
ジャージならではの伸縮性で、
着心地抜群。グレージュの色合いも
とても上品です。

 

 

そのジャケットを使った、こんな
コーディネートはいかがでしょう。
優しいジャケットの色合いに、
セーターとマフラーで色味を
プラスしました。

インナーのニットもFEDELIで、
こちらもカシミヤ素材です。
また、マフラーやパンツは一つ上の
コーディネートの品々の色違いです。

 

 

 

 

 

ざっくり編まれた襟がついた、ユニークな
ジャケット。こちらもカシミヤのジャージ
素材です。

 

 

 

↑ こちらはFEDELI フェデーリ
(フェデッリ)のサイトから。
(※許可を得て転載しています)

 

 

 

 

 

同じくFEDELI のカシミヤセーターや
マフラーと合わせて、こんな組合せに
してみました。

 

 

 

着心地の良さ、肌触りの柔らかさ、
動きやすさ、そして洗練された
デザイン。

FEDELI フェデーリ(フェデッリ)の
新作で、貴方の冬をもっと楽しく
彩りませんか?

 

FEDELIのアイテムを、
今すぐ5%オフで
お買い物頂けます。

 

HIKOオンラインストア会員登録

↑ こちらのページにて会員登録を
完了されますと、FEDELI他
世界の逸品たちを5%オフにて
御求めいただけます。

 

ご興味を持っていただきましたら
是非一度、わたくしどものショップへ
足をお運びくださいませ。

オンラインストアでもコレクションを
御覧頂けます。

HIKOオンラインストアFEDELIページ 

 

 

実店舗での販売

FEDELIのアイテムは
銀座店にて取り扱っております。
銀座店は、ブルガリやシャネルが
ございます中央通りの銀座2丁目
信号から徒歩一分の場所に
ございます。

 

 

実店舗 案内

HIKO銀座

東京都中央区銀座2-8-17-2F
Tel 03 6264 4450

 

****************

富裕層向けメディア 【EnRichエンリッチ】の
【The Style Concierge】にて、

HIKO(ひこ)
熊本からやってきた、
日本一高級な店!」

というタイトルでご紹介頂きました。
詳しくは上記バナーをクリック
くださいませ。

「世界一ハイクオリティなメンズ誌」
【THE RAKE Japan Edition】のブログ
でも、弊社オーナーをご紹介頂いて
おります。↓

ベストドレッサーたちの肖像「中村哲彦さん」

 

Men’s Precious メンズプレシャス
2017年夏号(6月発売)にて、
「日本一ラグジュアリーなセレクトショップ」
としてご紹介頂きました。

 

 

 

 

春夏向けアズーロ エ マローネスタイル

 

 

本日は、以前ご紹介しておりました

イタリアの伊達男たちが好む色の組合せ

 

「アズーロ エ マローネ」

 

(青と茶、という意味のイタリア語)
について、春夏向けの装いを
ご紹介いたします。

 

以前の記事はこちらです。

まずはこちらからご覧ください↓

アズーロエマローネイメージ

 

今回は、春夏向けの爽やかな

 

アズーロ エ マローネ

 

の着こなしについて、
紳士服の見本市会場ピッティにて
撮影したお写真を交えてご紹介します。

 

IMG_4386

こちらの男性は、
ベージュのコットンジャケットと
ブルーのシャツに、白のパンツと
茶のスエードシューズを合わせています。

 

それぞれ、明るめの色調の物を使い
アイウェアやバッグ、ベルト、ブレスなどの
小物にはダークトーンの色合いを
もってくることで全体の雰囲気を
引き締まった印象に仕上げています。

 

IMG_0151

こちらの男性は、
上品なモカベージュのジャケットに
ライトブルーのシャツ。
ボトムは濃いブルーをショート丈で
シューズはやや明るめのブラウンです。
アイウェアや髪の色もまさに

 

アズーロ エ マローネ

 

になっていますね。

 

イタリアの男性達は、
自分の髪の色と装いの調和を
取るのが上手い印象があります。

 

IMG_4347

こちらの男性は
先のお二人よりもメリハリが利いた
色合わせになっています。

 

茶と青のコントラストがくっきりしていて
それを白のパンツがさらに
引き立てています。

 

シューズはやはり、濃いめのブラウンでした。

 

この男性も眼鏡のフレームの色と
髪の色が「青と茶」です。

 

 

アズーロエマローネ05

こちらの男性は
「青」寄りのスタイルでした。

 

アイウェアやバッグ、ベルトなどの
小物のブラウンをうまく挿し色に
している印象です。
シューズに入った赤のラインも
アクセントになっています。

 

さて、ここまで
ピッティのお洒落男児達の装いを
ご覧頂きましたが、
いかがでしたでしょうか?

 

ここからは、わたくしどもの
アイテムを使った

春夏向けアズーロエマローネ
コーディネート

を、いくつかご紹介いたします。

 

こちらは、淡いグレージュカラーが
上品な印象のジャケットに、
爽やかなブルーのデニムを合わせた
コーディネートです。
ジャケットは鹿の子素材で伸縮性が
あり、着心地も抜群です。

バッグと靴はカーボンファイバーを
使ったアイテムをチョイス。
カーボンのグレーが程よいアクセント
になっています。

 

ジャケット:Fedeli フェデッリ
詳細はこちら
→ Fedeli ジャケット ページ

ポロシャツ:Fedeli フェデッリ
詳細はこちら
→ Fedeli ポロシャツページ

パンツ:malo マーロ
詳細はこちら
→ malo パンツ ぺージ

シューズ:HIKO ORIGINAL ヒコオリジナル
詳細はこちら
→ HIKO ORIGINAL スニーカー ページ

バック:TecknoMonster テクノモンスター
詳細はこちら
→ TecknoMonster ショルダーバックページ

 

 

 

こちらは全てZILLIのアイテムを使った
ラグジュアリーなアズーロエマローネ。
カーデガンの青とシューズの茶が
鮮やかに引き立て合います。

(ZILLIについての詳細はこちらの
記事を御覧くださいませ↓

世界の富裕層が一番大切な場面で選ぶ、世界最高峰ブランドZILLIの魅力とは?

カーディガン:ZILLI ジリー
詳細はこちら
ZILLI カーディガンページ

Tシャツ:ZILLI ジリー
詳細はこちら
→ ZILLI Tシャツページ

パンツ:ZILLI ジリー
詳細はこちら
→ ZILLI パンツページ

シューズ:ZILLI ジリー
詳細はこちら
→ ZILLI スニーカーページ

ベルト:ZILLI ジリー
詳細はこちら
→ ZILLI ベルトページ

 

 

レザーブルゾン:Seraphin セラファン
詳細はこちら
→ Seraphin レザーブルゾンページ

セーター:malo マーロ
詳細はこちら
→ malo セーターページ

シューズ:HIKO ORIGINAL ヒコオリジナル
詳細はこちら
HIKO ORIGINAL スニーカーページ

 

 

 

ここからは春夏の

アズーロ エ マローネ スタイル

にお勧めのアイテムを
ご紹介して参ります。

 

こちらは
鮮やかなブルーが目を引く
FEDELIのスキッパーポロです。
希少なエジプト綿の中でも
さらに希少なGIZA45と呼ばれる
素材を使っています。
(FEDELI フェデッリ 長袖ポロ

 

 

こちらの商品は
ゴートスキン(山羊)
のレザーシャツでございます。
高度な技術により、なめされた革の
しっとりと吸い付くような肌触りから
着ていると、レザーシャツだという事を
つい忘れてしまうような着心地です。
(Seraphin セラファン レザーシャツ )

 

 

 

ざっくりとした生地感が涼しげな
ジャケットです。裏地は極力
省いており、軽やかな着心地。
ジャケットの配色がすでに
アズーロ エ マローネ ですね!!
(ANGELO NARDELLI アンジェロ ナルデッリ ジャケット)

ジャケットとお揃いのダブルの
ジレでさらに粋な装いにする
のもいかがでしょうか。

爽やかで、かつクラシックな大人の雰囲気に。

 


柔らかなゴートスウェードに、細かい
パンチングが施されたブルゾンです。
裏地を極力排し、超軽量化を実現。

 

 

バイク柄が遊び心たっぷりのパンツ。
裾の折り返しとウエストの内側部分は
柄が赤いバイクになっており楽しい
アクセントに。
しゃっきりとした素材感で、涼しげな
肌触り。ストレッチが効いていて、
細身でも動きやすくなっています。
(イタリア/ANGELO NARDELLI アンジェロ ナルデッリ パンツ

 

 

鮮やかなスカイブルーのカーフ。
まさに春夏むけの涼しげなお色を
ZILLIの頭文字、Zのロゴで引き締めた
メリハリのあるデザインです。

 

 

fer057_amazon

こちらの品は
麻綿素材のサマーストールです。
極細の糸で織られているので、
とても軽やかな着け心地です。
(イタリア/Franco Ferrari フランコフェラーリ)
大胆なボーダーが夏の日差しに良く映えます。

 

 

 

 

 

bar00009_amazon

コーディネート画像でもご紹介しましたが
こちらのシューズは明るいブラウンが
春夏の装いにぴったりです。
レザーの編み上げで、快適な履き心地。
ラグジュアリーなオフタイムを。
(イタリア/BARRETT バレット)

 

 

IMG_9950

こちらは、上質なコットンが艶やかで美しい、
ベージュ色のパンツです。
ボタンの留め糸の赤が
アクセントになっています。
伸縮素材なので、履き心地も抜群です。
(イタリア/PIENZA ピエンツァ)

 

秋冬とはまた少し趣が違う、
春夏のアズーロ エ マローネスタイル、
是非お試しください。

 

商品についてのお問合せは、お気軽に
御電話にてお寄せくださいませ。

実店舗 案内

HIKO 銀座

東京都中央区銀座2-8-17-2F
Tel 03 6264 4450

 

****************************

富裕層向けメディア 【EnRichエンリッチ】の
【The Style Concierge】にて、

HIKO(ひこ)
熊本からやってきた、日本一高級な店!」

というタイトルでご紹介頂きました。詳しくは上記
バナーをクリックくださいませ。

また、「世界一ハイクオリティなメンズ誌」
【THE RAKE Japan Edition】のブログでも、
弊社オーナーをご紹介頂いております。

ベストドレッサーたちの肖像「中村哲彦さん」

 

 

アズーロ エ マローネ スモーキーカラーアイテム集

 

ただいまアクセス急上昇中の人気記事(↓クリックで開きます)
アズーロエマローネイメージ

に関しまして、

ブログをご覧になられたお客様から
「それぞれの色合に特化したアイテムを
まとめて色々見たい」
とのご要望を頂きました。

 

昨日は濃い青、濃い茶のアイテムを
ピックアップしてご紹介しました。

 

↓ 画像をクリックすると開きます
アズーロエマローネ濃い色

本ページでは

 

スモーキー(グレーを混ぜたような色合い)
・ブルー(青、紺)、ブラウン(茶)の品々をまとめました。

 

写真をクリック頂きますと
それぞれのアイテムの
詳細がご覧頂けるページが別窓で開きます。
リンク先にて
通販でのご注文も可能でございます。

 

Bruciare デニムジャケット

FDELI Vネックセーター FEDELI ラグランセーター

ノーアルティセーターブルー

 

ティベリオベルト スエードレオパード  Paciotti スニーカー

フランコフェラーリプリーツストール

 

 

ブルチアーレチェックジャケット

FEDELI Vネックセーター ブラウン ポジャンティシャツ

 

SEVENTY ジレ付ニットブルゾン

malo cashmere knit ノーアルティジャーニセーター

HAVANA モカブラウンパンツ

 

*コーディネートのコツ

 

スモーキー系のアイテムばかりで統一すると
全体的にぼんやりとした印象になりがちです。
目に見える面積が小さいインナーや雑貨・小物で
濃い色、差し色の物を合せて
メリハリを付けましょう。

 

例えばこんなアイテムを…

フランコフェラーリ チェックマフラーブルー フランコフェラーリ黄色マフラー

 

Bruciare ニットカーデ

ティベリオベルトコードバンベンターシューズ

 

 

お手持ちのアイテムの色合いと見比べながら、

 

「+1」の

 

アイテムをお探し頂ければと思います。

今回ご紹介した品々の
ブランドは下記の通りです。

 

FEDELI(フェデーリ/フェデッリ) イタリア
Franco Ferrari (フランコフェラーリ) イタリア
malo (マロ/マーロ) イタリア
Cesare Paciotti (チェザレ パチョッティ) イタリア
Poggianti (ポジャンティ) イタリア

Tiberio Ferretti (ティベリオフェレッティ) イタリア
SEVENTY(セヴンティ) イタリア
Bruciare (ブルチアーレ) 日本
No Artigiani Italiani (ノーアルティジャーニイタリアーニ)

 

ご不明な点や
「こんな感じの色のアイテムを探している」
といったご要望がございましたら
お気軽にスタッフまでお尋ね下さいませ。

 

実店舗 案内

HIKO 銀座

東京都中央区銀座2-8-17-2F
Tel 03 6264 4450

アズーロ エ マローネ 濃い色アイテム集

 

先日ご紹介いたしました
イタリアの伊達男たちが好む
色の組合わせ

 

「アズーロ エ マローネ」。

 

おかげさまで
ブログへのアクセスが急増しております。

 

先日UPした記事はこちらです。↓ クリックで記事が開きます
アズーロエマローネイメージ

 

ブログをご覧になられたお客様から
「それぞれの色合(濃いもの、スモーキーなもの)
に特化したアイテムをまとめて色々見たい」
とのご要望を頂きました。

 

早速、ご紹介させて頂きます。

 

本ページでは
濃いブルー(青、紺)、濃いブラウン(茶)の
品々をまとめてみました。
(スモーキー系のアイテムに関しましては、このページの下部にバナーがございますので、そちらをご閲覧くださいませ)

 

写真をクリック頂きますと
それぞれのアイテムの
詳細がご覧頂けるページが別窓で開きます。
リンク先にて通販でのご注文も
可能でございます。

日子オリジナルコート ネイビー

FEDELI 丸首セーター ブルー Bruciare カーデガン ブルー

 

アランペイン Vセーター ブルー SEVENTY ダウンジレ ブルー

SEVENTY ピーコート ネイビー

 

SEVENTY パンツ ネイビーZILLI ベルト ネイビー

Barrett バレットシューズ青

No Artigiani ブラウンカーデガン  ZILLI タイ ブラウン

Valstar レザーブルゾン

ZILLI cashmere blouson

ティベリオフェレッティ ベルト ブラウン ティベリオ ベルト スエードブラウン

Araldi バッグ ブラウン

パリジグローブ ブラウン

Barrett シューズ ブラウン ZILLI マフラー ブラウン

 

 

今回ご紹介しましたアイテムは、下記ブランドの品々でございます。

 

ZILLI(ジリー) フランス
FEDELI(フェデーリ/フェデッリ) イタリア
Franco Ferrari (フランコフェラーリ) イタリア
Tiberio Ferretti (ティベリオフェレッティ) イタリア
BARRETT(バレット) イタリア
SEVENTY(セヴンティ) イタリア
Bruciare (ブルチアーレ) 日本
ALAN PAINE(アランペイン) イギリス
ARALDI 1930(アラルディ1930) イタリア
No Artigiani Italiani (ノーアルティジャーニイタリアーニ)
TOMBOLINI(トンボリーニ) イタリア

Parisi Gloves (パリジグローブ) イタリア
VALSTAR (ヴァルスター) イタリア
日子オリジナル 日本

 

スモーキー・明るい系のブルー、ブラウンのアイテムは
こちらの記事にてご覧頂けます。
アズーロエマローネスモーキ

 

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお尋ね下さいませ。

 

実店舗 案内

HIKO 銀座

東京都中央区銀座2-8-17-2F
Tel 03 6264 4450

アズーロ エ マローネ の着こなし術

 

 

 

2017.11月追記

2017-18秋冬向けの最新スタイルを
ブログにてご紹介しました。
詳しくは上のお写真をクリック下さい。

 

また、この記事に関しましても
コーディネートのお写真を新しい
組合せの物に置き換えております。

 

 

 

本日は、色の組合せのお話を…

 

※この記事の最後の方に追記した記事
(春夏向けアズーロ エ マローネスタイル
について)のバナーがございます。
是非そちらもご覧くださいませ。

 

イタリアでは

 

「アズーロ エ マローネ」

 

(マローネ エ アズーロ
と呼ぶ場合もあるようです)
という言葉がございます。

 

意味は、「」。

 

この色の組み合わせを好む
イタリア人は少なくありません。

 

例えばピッティ(世界最大規模の
紳士服見本市@フィレンツェ)
でも…

 

アズーロ エ マローネ1

ダークネイビーとダークブラウンの
組合せ。

 

白のシャツが紺と茶のコントラストを
引き立てています。

 

シンプルながら、とてもエレガントな
コーディネートです。

 

IMG_1479

こちらの男性は、ジャケットはネイビー
ベルトやシューズをブラウンで
まとめています。

 

革小物の色を統一するとより洗練された
印象になりますね。

アズーロ エ マローネ2

スモーキー(グレーを混ぜたような色)な
ブルーには、同じくスモーキーな色調
のブラウンを。

 

よく見ると、靴も紺と茶の
ツートンカラーになっています。

アズーロ エ マローネ 3

こちらの紳士たちも、三者三様の
アズーロ エ マローネ です。

 

アズーロ エ マローネ4

こちらはZILLI(ジリー)の
ショーウィンドウです。

 

スモーキーネイビーのスーツに
ブラウンのコートシューズやベルト、
キャリーバッグなどのクロコアイテムも
ブラウンで纏めてありました。

 

青と茶は互いの上品さを引き立てあう
好相性の色なのです。

 

青と茶、とひとくちにいっても
その色合いはそれぞれです。
それぞれの色の濃さや
明るさなどを揃えることが
洗練された着こなしのコツです。

 

青1 茶1

例えば、こういった濃いめの紺と
茶はバランスが良いですが…

 

青4 茶1

明るく色味が強い水色とのコントラストが
強いのでアイテムの面積などを考えないと
バランスが悪くなります。

 

例えば最初に登場した
男性のコーディネート。
アズーロ-エ-マローネ1miniアズーロ-エ-マローネ1-2mini

下の写真は、ジャケットの明るさと
色合いを加工してみました。
明るいブルーのジャケットに対して、
ネクタイの色が暗すぎて全体の対比が
強くなりすぎているのがお分かり
頂けるかと存じます。

 

季節が真夏などであれば良いのですが
秋冬の季節に着るにはあまり向かない
色合わせです。

 

青2 茶2

グレーが混じったような
スモーキーな色同士も相性が良いです。

 

ただ、地味になりすぎることもあるので
小物などでアクセントを付けると
メリハリが出ます。

アズーロエマローネイメージ2

たとえばこのような感じです。

 

さて、日子がお勧めする
アズーロ エ マローネ
スタイルは…

 

ネイビーのカシミヤアウターに
チョコブラウンのシューズ。
インナーにモカブラウンのニットを
合わせて纏めたコーディネートです。
良く見るとパンツのチェック模様も
ブラウンが。

 

 

カシミヤジャケット/SCHNEIDERS

ウールセーター/FEDELI

チェックパンツ/Rota

ストール/FrancoFerrari

シューズ/Barrett

 

 

 

ラムレザーに細かい切れ込みを
入れて使い込んだ辞書のような
素材感を出したベージュのブルゾン
と、落ち着いた色合いのストレッチ
ジーンズ。ブーツはクロコダイル
レザーの表面を手作業で加工した
ヌバック仕上げのブラウンを合わせ
ました。

 

全体的にマット(ツヤ消し)な素材感
で統一しています。

 

 

レザーブルゾン/Seraphin

カシミヤセーター/Malo

ジーンズ/ZILLI

レザーグローブ/ZILLI

ヌバッククロコブーツ/HIKO ORIGINAL

◇お勧めアズーロ エ マローネ アイテムたち

*William Rockey ウィリアムロッキー
カシミヤカーディガン

 

極細糸で編まれたカシミヤを使った
ハイゲージカーディガン。
オンタイムでもジャケットの下などに
着て違和感がなく、ウォームビズにも
お勧めです。

 

詳しくはこちら
WilliamRockey カーディガン

(クリック頂きますと、詳細が
ご覧頂ける他、通販もご利用
頂けるページが別窓で開きます。)

 

 

* Fedeli フェデッリ
カシミヤ タートルセーター

繊細な肌触りが魅力のカシミヤ
セーターです。薄手なので
重ね着してもごわつかず、
快適な着心地です。

 

詳しくはこちらをご覧ください。
FEDELI フェデッリセーター

(クリック頂きますと、詳細が
ご覧頂ける他通販もご利用頂ける
ページが別窓で開きます。)

 

 

*GIMO’S  ジモス
ラムスキン ジャケット

 

柔らかさと軽さを備えた、ラム
スキンのジャケット。
濃いブラウンがコーディネートを
引き締めます。取り外しできる
フードも付いています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。
GIMO’S レザージャケット
(クリック頂きますと、詳細が
ご覧頂ける他通販もご利用頂ける
ページが別窓で開きます。)

 

 

 

*Franco Ferrari
フランコフェラーリ
カシミヤマフラー

上品なモカブラウンのチェック
柄のカシミヤマフラー。
リバーシブルになっていて、
反対側は同じくモカ色の豹柄
(レオパード)です。気分や
コーディネートに合わせて
お好きな方をお使い頂けます。

 

詳細はこちらをご覧ください。
FrancoFerrariマフラー

(クリック頂きますと、詳細が
ご覧頂ける他通販もご利用頂ける
ページが別窓で開きます。)

*TecknoMonster
テクノモンスター
カーボンファイバースニーカー

 

 

最先端素材であるカーボン
ファイバー(炭素繊維)と、
上質なスエードレザーを
組み合わせた贅沢な一足。

詳細はこちらをご覧ください。
テクノモンスター シューズ
(クリック頂きますと、詳細が
ご覧頂ける他通販もご利用頂ける
ページが別窓で開きます。)

 

 

12月14日追記
こちらのバナーをクリック頂きますと
上の方でご紹介した
「濃い青と茶」
のアイテムばかりをピックアップ
したページをご覧頂けます。
是非ご閲覧ください。↓

アズーロエマローネ濃い色

 

12月15日追記
こちらのバナーをクリック頂き
ますと、「スモーキー(グレーを
混ぜたような色合い)な青と茶」
のアイテムを厳選したページを
ご閲覧頂けます。↓
アズーロエマローネスモーキ

 

※2016年4月5日追記
春夏向けのアズーロ エ マローネ
スタイルをご紹介する記事を
UPしました。こちらの画像を
クリックください。
アズーロエマローネ2

 

は、コーディネート的に
失敗が少ない色合せですので、

 

「お洒落にあまり自信が無い」

 

という方にも、積極的に取り入れて
頂きたいと思います。

 

お手持ちのアイテムとの組み合わせ
などのご相談がございましたら
お気軽にスタッフまでお声を
おかけくださいませ。

 

 

実店舗 案内

HIKO 銀座

東京都中央区銀座2-8-17-2F
Tel 03 6264 4450

 

****************************

富裕層向けメディア 【EnRichエンリッチ】の
【The Style Concierge】にて、

HIKO(ひこ)
熊本からやってきた、日本一高級な店!」

というタイトルでご紹介頂きました。詳しくは上記
バナーをクリックくださいませ。

また、「世界一ハイクオリティなメンズ誌」
【THE RAKE Japan Edition】のブログでも、
弊社オーナーをご紹介頂いております。

ベストドレッサーたちの肖像「中村哲彦さん」

【2017】クールビズの着こなしに迷ったら (2)シルエットについて

※こちらのブログは2017年に
加筆修正しております。

 

 

「いやあ、参った」

 

ある日、あるお客様が仰っていました。

 

 

『お父さん、なんか今日
おじさんっぽいね』

 

スーツで出勤していた時は何も
言われなかったのに、
クールビズになって薄着になった
途端、小学生の御嬢さんから
そう言われてしまったとの事。

 

 

「ただのシャツ、スラックスっていう
いつもの組合せなのに、いったい
何がいけなかったのかな…」

 

そう仰るお客様に、
その「ただのシャツ」と
「ただのスラックス」が、
どういった品だったのかを伺ったところ、

 

*いつもスーツの下に着ている白いシャツ
*スラックスは、スーツのスラックス

という組合せだったとの事。

 

「ジャケットとネクタイを外しただけ
で、他はいつもと
変わらないスタイル
なのに、
何故なんだろう?」

 

さて、その「何故なんだろう?」は
ひとまず横において…

 

本日のポイントをご紹介いたします。

 

本日のポイントは、

 

シルエットのバランスです。

 

 

シャツの「裾(すそ)」は…

 

シャツの着こなしに関して、

 

「裾(すそ)をスラックスの
外に出すべきか中に入れるべきか」


という点で悩んでおられる方が
多いようです。

 

裾を入れるべきか、出すべきか。
いずれにせよ、着こなし次第で
印象が変わるというお話を
今日はお伝えします。

 

shirts2

上記二枚の写真をご覧ください
(クリックで拡大)。

 

どちらの写真も偶然だとは思います
が、写っている二人がそれぞれ、
全く同じような色合いのシャツを、
同じような着こなしで身に着けて
います。(おかげでとても対比が
わかりやすいです!)

 

向かって左の二人は濃い青のシャツ。
裾(すそ)をスラックスの中に入れる
着こなし(タックイン)

 

向かって右側の二人は淡い白シャツ。
裾(すそ)を外に出す着こなし
(タックアウト)です。

 

さて。

 

ぱっと見た瞬間の印象として
どちらがスタイルが良く見える
でしょうか?

 

また、どちらが清潔感や、
「きちんと感」がある雰囲気
でしょうか?

shirts
単純にシャツとスラックスの
長さを比べると、向かって右の
二人はシャツの方がスラックス
よりも長く、向かって左の二人は
スラックスの方が長く見えます。

 

また濃い色は全体に引き締まって
見える効果があるため、
よりスマートに見えています。

 

濃い色のベルトもウエストの
ラインにメリハリを産み、
また、同時に「きちんと感」も
演出してくれていますね。

 

向って右側の二人のような着こなしは
例えばお休みの日にリラックス気分を
味わう分には申し分ありませんが、
ビジネスシーンにおいては
だらしがない印象を相手に与えかねず
不向きです。

 

ところで、シャツの裾(すそ)を
スラックスにINする場合の注意点は
シャツの細さとパンツの股上や細さ。

 

シルエットの違い画像

昔のシャツやスラックスの
シルエットは、全体的にゆったり
サイズです。また、スラックスは
ツータックで股上が極端に深いもの
が多いです。

 

肩幅も大きく、袖筒も太く…
それらのアイテムで、シャツの
すそをパンツにINしようとすると
上の図の向かって左のように
全体にずんぐりとした
野暮ったい印象になりがちです。

 

同じ体型でも向かって右のように
細身のシャツやスラックス
(ノータックのもの)を身に着ける
事で、与える印象ががらりと
変わります。

 

最近はまた1タックや2タックの
スラックスが流行に戻ってきて
いますが、それでも昔のそれとは
股上の深さやもも周り、裾の細さ
などが違います。

 

昔からのスラックスとは雰囲気が
大きく変わっていますので、
「また昔のパンツが履けるぞ!」
と思っても、いざ着てみると
「やはりどこかおかしい」となって
しまうので気を付けたいですね。

 

 

前回のブログでも挙げた通り、
色使いも重要なポイントに
なりますので、全体のバランスを
考えながら、シャツとスラックス
の色を決めましょう。

 

ちなみに、シャツの裾を外に
出すならば、着丈が短いものを
選ぶとスッキリとした印象に
なります。

 

フィレンツェで開かれる世界
最大規模の紳士服の見本市会場
PITTI IMMAGINE UOMO
(通称ピッティ)でも、伊達男
たちが丈の短いシャツを爽やかに
着こなしていました。

IMG_0536 IMG_0539

ベルトにかかるくらいの長さから
股上(ファスナー部分)が半分近く
隠れるくらいの長さであれば
ご覧の様にすっきりした印象に。

 

さて、ここで最初の疑問

 

「ジャケットとネクタイを外した
だけで、いつもと変わらない
スタイルなのに、何故、
「おじさんっぽい」ように見えて
しまったのか?」

 

 

をもう一度考えてみましう。

 

 

ジャケット、そしてネクタイは、
「きちんと感」を演出してくれる
非常に有能なアイテムです。

 

 

多少ルーズなシルエットの
シャツやスラックスでも、
ジャケットを羽織ることで
それを覆い隠すことができます。

 

また、濃い色のジャケットで
あれば、引き締め効果もあり、
Vゾーンの直線的なネクタイも
また、シャープな印象を与えて
くれます。

 

逆を言えば、単純にそれら二つを
取り除いただけのスタイルでは
「きちんと感」を出すのが非常に
難しいということ。

 

ゆったりしたシルエットの品は
確かに「着ていて楽」という
メリットがありますが反面

 

「ちょっとルーズ」

「ちょっとだらしない」

 

感じに見える事も。

 

また、ルーズな着こなしは
若々しさや清潔感も損なって
しまいがちに…。

 

そうしたことが相まって、
いつものスーツ姿のお父さんより
老けた印象(おじさんっぽい)
になってしまったのではないか
と思われます。

 

つまり、

 

「ジャケットとネクタイを外した
だけで、いつもと変わらない
スタイル【だからこそ】、
「おじさんっぽい」ように見えて
しまった」

 

というのが結論というわけです。

 

なるべく体のシルエットに合った
細身の、襟などに一工夫ある
「いつもと違うシャツ」
そして同じくなるべく細身の
スラックスを組合せ、色の
バランスを工夫すること。

 

脱 おじさんっぽい

 

クールビズスタイルを、
目指しませんか?

 

**************

HIKOお勧めクールビズアイテム

Poggianti バンドカラーシャツ

POGGIANTI(ポジャンティ)
の新作シャツでございます。

 

洗いざらしの麻(リネン)生地で
爽やかな着心地です。
襟は流行のバンドカラー(立ち襟)。
「ただネクタイを外しただけ」
のノーネクタイスタイルから脱却
できるお勧めのデザインです。

 

胸にはフラップ付のポケットが
一つ。立ち襟シャツそのもののは
昔からありますが、こちらの品は
襟がかなり小ぶり。
目新しいデザインになっています。

 

詳細はこちら(SOLFIGLIO by 日子 楽天店)をご覧ください。
http://item.rakuten.co.jp/solfiglio/pog030/

 

また、少し遊び心をプラスしても
問題の無い職場・業種であれば
こんな一枚もお勧めです。

pog032

洗いざらしの真っ白なコットンを
ベースに、赤や青、紺のドット
(水玉)模様が刺繍されています。
ボタンも透け感のあるブルーに
赤の糸が利いています。

こちらのページ(SOLFIGLIO by 日子 楽天店)で詳細をご覧頂けます。
→ http://item.rakuten.co.jp/solfiglio/pog032/

 

 

上記の本文でも触れたとおり、
全体的に細身のシルエットに
まとめることが、より若々しく
清潔感も出ます。パンツも
もちろん、細身がお勧めです。

ang022

あくまでクールビズのビズは
「ビジネス」のビズですので
あまりに細身過ぎてパツパツに
なるものは控えましょう。

 

こちらのパンツは、ノータックですっきりとしたデザイン。
大人向けの上品な細シルエットです。

 

詳細は( SOLFIGLIO by 日子 楽天店)は こちら
→  http://item.rakuten.co.jp/solfiglio/ang022/

 

 

bar00010

意外と見落としがちなのが、

 

「お洒落は足元から」

 

暗さの中にダークレッドが滲む、
ブラックチェリーの色合いが
コーディネートに深みをプラス。
ダークネイビーや黒、グレーなど
様々なパンツと好相性の色です。

 

 

詳細はこちら → 日子オンラインストア BARRETT ページ

 

 

image4

コーディネートは…。
こんな、

 

アズーロ エ マローネ
(イタリア人が好む、「青と茶」
の色合わせの事)

 

スタイルはいかがでしょうか?

 

 

 

思うように体のシルエットに
合うシャツや、丈の短いシャツを
探すのは意外と難しいもの。

 

そんな時はオーダーのシャツに
挑戦するのもお勧めです。

IMG_1020-2

襟や袖口を白無地の生地で作る

 

「クレリックシャツ」

 

日子では、
熟練した日本の職人たちが
腕によりをかけて縫い上げていく
パターンオーダーシャツを

一枚10,000円(税抜) から
ご注文頂けます。

 

フルオーダーではないものの
ボタンや縫い糸の色を
変えたり、襟から何ミリの部分に
ステッチを入れるかなどを指定
したりと、かなり細部にわたって
選択肢がございます。

 

写真の様に、襟の形を変えるだけ
でも、かなり印象が変わります。

 

また、生地も日本製やイタリア製
など、幅広く揃えておりますので
まさに

 

お客様だけの一枚

 

をお作りすることが可能です。

 

海外大量生産ではなく、
ジャパンメイドですので安心の
高品質です。

 

レディスのご注文も承ります。

IMG_1018-2

是非この機会に、日子オリジナル
オーダーシャツをお試し下さい。

 

☆こちらも是非ご覧ください☆

クールビズの着こなしで迷ったら(1)
「色のポイント」

クールビズの着こなしで迷ったら(3)
「お勧めアイテム」

 

 

実店舗 案内

HIKO 銀座

東京都中央区銀座2-8-17-2F
Tel 03 6264 4450

****************************

富裕層向けメディア 【EnRichエンリッチ】の
【The Style Concierge】にて、

HIKO(ひこ)
熊本からやってきた、日本一高級な店!」

というタイトルでご紹介頂きました。詳しくは上記
バナーをクリックくださいませ。

また、「世界一ハイクオリティなメンズ誌」
【THE RAKE Japan Edition】のブログでも、
弊社オーナーをご紹介頂いております。

ベストドレッサーたちの肖像「中村哲彦さん」